しわの原因

しわの原因として、一番にあげられる理由が、コラーゲン含有率の低下です。

しわとコラーゲン、どんな関係があるのでしょうか?

そんな、コラーゲンについて調べてみました。

 コラーゲン (Collagen) は、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成する蛋白質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全蛋白質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられている。コラーゲンは、様々な結合組織に、力学的な強度を与えるのに役立っている。若干の弾力性もある。特に、腱の主成分は上述のコラーゲン線維がきちんとすきまなく配列したもので非常に強い力に耐える。腱には、筋肉が発生した引っ張り力を骨などに伝え、運動を起こす際に非常に強い力がかかる。また、骨や軟骨の内部では、びっしりと詰め込まれたコラーゲン細線維が、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っており、衝撃で骨折などが起こることから守っている。また、皮膚の弾力性や強度に役立っている、などである。一方、こうした従来から知られている機能とは別に、コラーゲンが、それに接する細胞に対して、増殖、分化シグナルを与える、情報伝達の働きも担っていることがわかってきている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ふむふむ・・・
ちょっと難しい言葉が並んでいますが、何となく分かりました(^▽^;)
皮膚の弾力性や強度に役立っているんですね。これが少なくなってしまうと弾力性が無くなって、肌がたるみ、それが原因でしわが発生してしまう。

やはり、コラーゲンの補給が大切なんですね。

しわって何?

 肌はいつまでも、しわなんかなくて、若くてピチピチでいたい!女性なら誰でも思うことです。しかし、人間は歳をとってしまいます。そればかりは仕方がありません。そして歳を重ねることで、悩みも多くなってきます。美容の大敵であるしわ。いつまでも若々しくありたいと願っている女性にとって、しわができるのは大きな悩みですね。


 さてさて、しわとは一体何なのでしょうか?どんなものなのでしょうか?しわは歳を重ねるとともに、顔のあらゆるところに出てきます。顔だけでなく、首周りや手足にもしわができてきます。しわは、皮膚の水分含有量の低下、真皮層のコラーゲン含有の低下で出現します。また、しわの進行は肌の乾燥、紫外線等によっても助長されます。


 しわは、コラーゲン含有率の低下で出現するんですね!さらに乾燥、紫外線UV。やっぱり日焼けもしわができる理由のひとつ。これからの季節特に気を付けないと行けませんね。
しわ・首しわ・目しわの予防対策はお早めに!HOMEへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。